経営幹部・役員向け債権回収法研修

法律3 法律研修

経営幹部・役員向け債権回収法研修

法律3

債権回収法研修の目的

企業は、債権者の立場で取引先から売掛金を回収する一方、債務者の立場で金融機関と交渉したり、倒産手続に直面する場合もあります。これらの場合に適切な判断が下せるように、経営幹部・役員には、債権・担保物権、民事保全・民事執行、倒産等に関する法律のルールを理解した上で、適切な債権管理や倒産対応の体制を構築することが求められます。債権回収法研修では、経営幹部・役員に必要とされる債権回収法の知識を弁護士が分かりやすく解説いたします。

債権回収法研修のカリキュラム例

研修内容 技法

 1.債権管理・回収に関する民法のルール
  (1)債権法改正のポイント
  (2)債権法
  (3)担保物権法
 2.民事保全と民事執行
  (1)民事訴訟と民事保全・執行
  (2)民事保全の種類と手続
  (3)民事執行の種類と手続
 3.倒産手続
  (1)破産
  (2)民事再生・会社更生
  (3)任意整理

講義

 債権回収に関するグループワーク
  ・債権管理・倒産対応の現状分析をする
  ・債権管理・倒産対応に関する課題を抽出する
  ・債権管理・倒産対応の改善策を検討する

討議

 上記討議結果の発表と講師によるコメント
  ・良い点・悪い点の明確な指摘
  ・改善ポイントを具体的にアドバイス
  ・疑問点に対する質疑応答

発表
 研修のまとめ 講義

※上記は債権回収法研修カリキュラムの概要ですので、実際の研修では、貴社と詳細なお打ち合わせをした上で、貴社に適した研修カリキュラムをご提案いたします。

お問合わせ

コンサルティング・研修内容の詳細、コンサルタント・講師の情報、費用等につきましては、下記のフォームからお問合わせください。

Web:お問合わせフォームへ

←経営幹部・役員向け法律研修へ

タイトルとURLをコピーしました