社長画像2

社長研修・社長の心得

社長研修で学ぶ社長の心得2

社長の重要な仕事は社員育成です

11.社長は社員研修で差別化を図るようにします

企業が勝ち抜くためには、差別化が必要です。商品の差別化も重要な 要素ですが、最も永続的に差別化を図れる決め手は、人材の差別化です。 社員研修を継続することによる差別化は、簡単にまねできません。

12.社員研修の最重要な目的はベクトル合わせです

社員研修の最重要な目的は、ベクトル合わせです。例え最初の間は、 ベクトルの長さが短い社員がいたとしても、とにかくベクトルの方向が、 合っていれば良しとします。社長と共通の価値観を持たせることです。

13.社員教育が不十分ならトップダウンで動かします

社長が社員教育が十分にできていないと考える段階では、トップダウン で動かすことが正解です。社員研修により、十分な教育を施した後は、 ボトムアップの要素を取り入れて、参画意識を高めます。

14.社員は声をかけ手を掛けるから育つのです

社長が方針を示して、やれと言っても、社員は思うように動きません。 社長が役員や管理者に向き合って、コミュニケーションを取るから動くの です。役員や管理者から一般社員に対しても同じです。

15.人材育成は噛んで含めるように教えることです

一度教えたら、完全にできるという社員は、ほとんどいないと考えて間 違いありません。同じ社員に、同じことを、何度でも、噛んで含めるよう に教えて、やっとできるようになるのです。人材育成は根気です。

16.社員に掃除をさせれば能力がわかります

掃除ほど、やる人間の性格や能力がわかる仕事はありません。通り一 遍で済ませる人と、隅々まできれいにする人とでは、雲泥の差がありま す。だから社長命令で、掃除を徹底させることが大事なのです。

17.社長が難しいことを言っても人は育ちません

社長が自分が勉強したことをいくら熱心に教えようとしても、抽象的な話 では、理解してもらえません。具体的な行動レベルに落として、これをや ろうと言って、初めて何をやればよいか理解して、行動に移すのです。

18.社員に質問をして考えさせることが大切です

自分が社長だからといって、いつも教えようとしてはいけません。時に は質問をして、自分で考えさせることが必要です。答えが違ったら、さら に質問を続けて、正しい答えに気づくまで我慢して待ちます。

19.社員1人ひとりの成長を評価します

他人と比べることも必要ですが、たとえ最も優れた社員でなくても、成長 し続けている社員は期待が持てます。社長は、社員1人ひとりをよく見 て、その人自身が成長していれば積極的に評価すべきです。

20.失敗を評価する企業風土をつくります

人は失敗をするから、それを経験として、次の機会には改善をするのです。 つまり、人は失敗をするから、育つのです。多少、能力が不足していると 思っても、意欲がある社員には、やらせてみることが大切です。

-社長研修・社長の心得

Copyright© 役員・経営幹部研修 , 2020 All Rights Reserved.