環境法研修

法律研修ー9 環境法研修

環境法研修の目的

公害問題・環境保全に関する法の総称です。日本では自然環境保全法・ 環境基本法などがあります。環境法は、時代の要請を受けて、規制強化 の方向性が顕著であり、改正および新規制定が活発に行われています。 環境問題への対応は、企業評価および株価対策の重要な指標となる時代です。環境に配慮した経営を目指すために、役員・経営幹部が必ず学んでおかなければならない法律です。

環境法研修の内容

研修内容 技法

 1.環境法の全体系を理解する
  (1)環境法の制定目的・概要
  (2)環境法の最新改正ポイント
  (3)環境法の留意点
 2.環境法を構成する主な法律
  (1)環境汚染防止に関連する法律
  (2)リサイクルに関連する法律
  (3)地球温暖化対策に関連する法律 etc.
 3.再生可能エネルギー法
  (1)固定価格買取制度の仕組み
  (2)特定契約・接続の請求
  (3)賦課金とその軽減制度

講義

 環境法に関するグループワーク
  ・環境法対応の現状分析をする
  ・環境法対応に関する課題を抽出する
  ・環境法対応の改善策を検討する

討議

 上記討議結果の発表と講師によるコメント
  ・良い点・悪い点の明確な指摘
  ・改善ポイントを具体的にアドバイス
  ・疑問点に対する質疑応答

発表
 研修のまとめ 講義

※上記は環境法研修カリキュラムの概要ですので、実際の研修では、貴社と詳細なお打ち合わせをした上で、貴社に適した研修カリキュラムをご提案いたします。

© 2020 役員・経営幹部研修