コンプライアンス研修

法律研修ー1 コンプライアンス研修

コンプライアンス研修の目的

コンプライアンス研修の目的は、社内の全社員がコンプライアンスの意識 を持ち、具体的な日常活動に落とし込んで、法律を遵守するような体制を作る糸口を作ることです。役員・経営幹部が率先してコンプライアンスを守ることはもちろん、精神論で終わることなく、研修後にプロジェクト運営や規定作りなど具体的な行動を起こすことが大切です。当社で体制づくりをサポートすることも可能です。

コンプライアンス研修の内容

研修内容 技法

 1.コンプライアンスの基本概念
  (1)コンプライアンスの意味
  (2)内部統制、企業統治、CSRとの関係
  (3)会社法の求める内部統制
 2.事例に学ぶ企業不祥事
  (1)企業不祥事の類型について
  (2)役員・従業員による不正
  (3)企業秘密・個人情報の漏えい
 3.コンプライアンス体制の構築
  (1)コンプライアンス委員会等の組織の整備
  (2)倫理規程、各種マニュアルの作成
  (3)全社への徹底とシステムの運用・改善

講義

 コンプライアンスに関するグループワーク
  ・社内のコンプライアンス体制のあるべき姿
  ・現状のコンプライアンス体制の課題抽出
  ・改善策の検討

討議

 上記討議結果の発表と講師によるコメント
  ・良い点・悪い点の明確な指摘
  ・改善ポイントを具体的にアドバイス
  ・疑問点に対する質疑応答

発表
 研修のまとめ 講義

※上記のコンプライアンス研修カリキュラムは概要ですので、実際の研修では、貴社と詳細なお打ち合わせをした上で、貴社に適した研修カリキュラムをご提案いたします。

© 2020 役員・経営幹部研修