マーケティング研修9

社員研修HOME  >  

マーケティング研修の内容  >  

マーケティング研修9

マーケティング研修の内容

マーケティング研修9

マーケティングの4Pの3つ目は、PlaceのPです。日本語に直訳すると場 所ですが、マーケティングではどこの場所で販売するか、すなわちチャネ ル戦略のことを意味します。製品によりどのチャネルを選ぶかは重要で す。マーケティング研修の内容を理解していただくための、50ポイント
(その9)41〜45についてご説明します。

マーケティングイメージ

41.チャネルの機能

製品は、生産機能、卸売機能、小売機能の3段階を経て、消費者に至り ます。そして、生産機能はメーカー、卸売機能は卸会社、小売機能は小 売業が担い、別会社により役割分担していることが一般的です。

42.サプライチェーンマネジメント

メーカー、卸会社、小売業が別会社に分かれていても、それらすべて が、連携して、情報システムを共有化することにより、企業間を移動す る時のムダをすべて省くのが、サプライチェーンマネジメントです。

43.マーケティングにおける垂直統合

生産機能、卸売機能、小売機能の3つは不変ですが、それらを統合して 有利な地位を確保する場合があります。最も最初に行われた垂直統合 は、メーカーが卸会社を傘下に収めて系列化した販売会社制度です。

44.SPA形態の興隆が著しい

SPAとは、speciality store retailer of private label apparelの略で、日本 語では製造小売業と訳されています。生産機能、卸売機能、小売機能 を統合して管理する形態であり、現代の主流となっています。

45.チャネルリーダーの変化

チャネルの主導権を握るチャネルリーダーは、物不足の時代はメーカー が果たし、供給過剰になると、小売業が果たすように変わり、時代の変 化に伴って、チャネルリーダーも変化しています。

※マーケティング研修のカリキュラムはここをクリックして下さい

※社員研修の講師派遣について、お気軽にお問合わせください。


←マーケティング研修8へ

マーケティング研修10へ→


マーケティング研修9へ戻る▲