マーケティング研修3

社員研修HOME  >  

マーケティング研修の内容  >  

マーケティング研修3

マーケティング研修の内容

マーケティング研修3

マーケティング戦略はSTPによって策定します。STPのSはセグメンテー ションの頭文字です。日本語で言うと、市場細分化です。この細分化こ そ、マーケティングの神髄です。マーケティング研修の内容を理解してい ただくための、50ポイント(その3)11〜15についてご説明します。

マーケティングイメージ

11.マーケティング戦略の手順

マーケティング分析に基づいて、マーケティング戦略を立てる手順をST Pといいます。これはセグメンテーション(Segmentation)、ターゲティング (Targeting)、ポジショニング(Positioning)の略です。

12.セグメンテーションの方法

セグメンテーションとは、市場細分化という意味です。セグメンテーショ ンの軸は、測定可能であること、アクセスが可能であること、十分な需要 規模があること、の3つの条件を備えていることが必要です。

13.ターゲティングの方法

ターゲッティングとは、攻略する市場を決めるという意味です。ターゲッ ティングでは、市場規模と成長性、収益性、競合状況、自社戦略との合 致の4つの観点を重視して攻略する市場を選定します。

14.ポジショニングの方法

ポジショニングとは、攻略すべき市場において、独自のポジションを 得ることを意味します。縦軸と横軸の2つの軸を決めて、そこに位置 づけるというマトリクス方式により、ポジションを決めていきます。

15.ブルーオーシャンとレッドオーシャン

フランスの欧州経営大学院(INSEAD)教授のW・チャン・キムとレネ・ モボルニュにより、2005年に提唱された戦略のことです。競合の激しい 「レッドオーシャン」市場ではでなく、競合がほとんどない「ブルーオーシ ャン」市場を狙うべきだという理論です。

※マーケティング研修のカリキュラムはここをクリックして下さい

※社員研修の講師派遣について、お気軽にお問合わせください。


←マーケティング研修2へ

マーケティング研修4へ→


マーケティング研修3へ戻る▲