中堅社員研修10

社員研修HOME  >  

中堅社員研修の内容  >  

中堅社員研修10

中堅社員研修の内容

中堅社員研修10

中堅社員は、上司の補佐役であり、後輩社員の手本であり、なおかつ上 司と後輩社員の絆になることが求められます。そのためには、中堅社員 として必要な能力を身に付け、十分に発揮することが必要です。中堅社 員研修の内容を理解していただくための、50ポイント(その10)46〜50 についてご説明します。

中堅社員イメージ

46.中堅社員として自発力を持っているか

中堅社員は、上司からの指示を待っているだけではだめです。自ら仕事 を創り出して、積極的に取り組む姿勢が必要です。自分は中堅社員に ふさわしい自発力を持っているかどうかチェックします。

47.中堅社員として企画力を持っているか

中堅社員は、若い年代特性を生かした新しい企画を立案していかなけ ればなりません。従来とは視点の異なる企画を開発します。自分は中 堅社員にふさわしい企画力を持っているかどうかチェックします。

48.中堅社員として実行力を持っているか

中堅社員は、会社の最前線に立ち、バリバリと仕事をこなしていくことを 要求される立場です。口だけではなく行動が求められます。自分は中 堅社員にふさわしい実行力を持っているかどうかチェックします。

49.中堅社員として管理力を持っているか

中堅社員は、管理職ではありませんが、実質的なチームリーダーあるい はNO2として、チームを引っ張っていく役割を担っています。自分は中 堅社員にふさわしい管理力を持っているかどうかチェックします。

50.中堅社員として人間関係力を持っているか

中堅社員は、上司と後輩が各々能力を発揮し、なおかつ良好な関係を 保てるように、橋渡しの役割を担っています。その意味で、自分は中堅 社員にふさわしい人間関係力を持っているかどうかチェックします。

※中堅社員研修のカリキュラムはここをクリックして下さい

※社員研修の講師派遣について、お気軽にお問合わせください。


←中堅社員研修9へ

中堅社員研修の内容へ→


中堅社員研修10へ戻る▲