中堅社員研修9

社員研修HOME  >  

中堅社員研修の内容  >  

中堅社員研修9

中堅社員研修の内容

中堅社員研修9

中堅社員は、後輩社員を選ぶことはできませんので、自分から見て、様々 な問題を抱えた後輩社員を持つことも多いでしょう。このような場合には、 後輩社員のタイプをよく研修して対処することが大切です。中堅社員研修 の内容を理解していただくための、50ポイント(その9)41〜45について ご説明します。

中堅社員イメージ

41.中堅社員は後輩の「できません」に対処する

中堅社員は、職位で動かすことはできないので、後輩社員には依頼という 形で仕事を頼むことになります。「できません」という返事が返ってきた ら、必ずその理由を詳しく説明させて、覆させるようにします。

42.中堅社員は後輩の「どうしましょう」に対処する

中堅社員は、後輩から頻繁に、「どうしましょう」という相談を受けるこ とがあります。こんな時は、「君はどう思う」と、聞き返すことが大切で す。まず後輩に考えさせて、次第に解決力を養うようにさせます。

43.中堅社員は後輩の「慢心した態度」に対処する

中堅社員は、先輩を先輩とも思わないような、慢心した態度を取る後輩社 員を持つことがあります。このような後輩社員に対しては、仕事はチーム でやるべきものであり、社会人としてのルールを守るように教えます。

44.中堅社員は後輩の「期日に遅れる」に対処する

中堅社員は、口先ばかりでなかなか実行しようとせず、仕事が期日に遅れ る後輩社員を持つことがあります。このような後輩社員に対しては、仕事 の持つ意味と、信頼を失うとどれだけマイナスかを教えるようにします。

45.中堅社員は後輩の「ミスを繰り返す」に対処する

中堅社員は、同じミスを何度も繰り返す後輩を持つことがあります。この ような後輩とチームを組んでいると、ストレスがたまります。このような 後輩社員とは根比べをするつもりで、何度も繰り返し注意します。

※中堅社員研修のカリキュラムはここをクリックして下さい

※社員研修の講師派遣について、お気軽にお問合わせください。


←中堅社員研修8へ

中堅社員研修10へ→


中堅社員研修9へ戻る▲