中堅社員研修8

社員研修HOME  >  

中堅社員研修の内容  >  

中堅社員研修8

中堅社員研修の内容

中堅社員研修8

中堅社員は、後輩社員のよき先輩として、できるだけ同じ目線に立って 話を聴いてあげることにより、後輩社員との距離感を詰めることが大切 です。上から目線で、説教じみた話をしてはいけません。うざいと思わ れるのが落ちです。中堅社員研修の内容を理解していただくための、50ポイ ント(その8)36〜40についてご説明します。

中堅社員イメージ

36.中堅社員は後輩に相談を持ちかける

中堅社員は、役職のある管理者ではありませんから、後輩社員との距離が 近いのが強みです。したがって、常に上から目線ではなく、後輩社員に相 談を持ちかけるというスタンスで距離感を詰めることも大切です。

37.中堅社員は後輩の本音を聞き出す

中堅社員は、後輩社員の本音を把握するように努めます。そのためには、 フォーマルだけではなく、インフォーマルの関係、つまり一緒に飲みに行 くなどの関係作りも必要です。

38.中堅社員は後輩に説教することは避ける

中堅社員に対して、先輩だからと気軽に本音を話したのに、返ってきたの が説教や一方的に押し付けるような話だったら、後輩社員はうんざりしま す。後輩社員の話を聴き、できるだけ認めてあげる方向で話します。

39.中堅社員は後輩に自分の体験談を話す

中堅社員は、後輩社員が間違っていると思ったら、説教ではなく、自らの 失敗談などの体験を話してあげます。あくまで、客観的な話しをすること で、後輩社員が自分に当てはめて、自ら反省するように仕向けます。

40.中堅社員にとって後輩は財産である

中堅社員の段階で、後輩との強い絆を作っておけば、将来、自分が管理者 になったときに、チームづくりが容易になります。後輩は部下ではないか ら、自分には関係ないなどと、決して思わないことです。

※中堅社員研修のカリキュラムはここをクリックして下さい

※社員研修の講師派遣について、お気軽にお問合わせください。


←中堅社員研修7へ

中堅社員研修9へ→


中堅社員研修8へ戻る▲