中堅社員研修5

社員研修HOME  >  

中堅社員研修の内容  >  

中堅社員研修5

中堅社員研修の内容

中堅社員研修5

中堅社員は、上司と役割分担しながら、自らの属するチーム全体の総合 力を高めるようにすることが大切です。究極的には、組織の中で上司を押 し上げて、自らを引き上げてもらうことを目指します。中堅社員研修の内 容を理解していただくための、50ポイント(その5)21〜25についてご説 明します。

中堅社員イメージ

21.中堅社員は上司と役割分担する

中堅社員は、上司と役割分担することが大切です。役割分担するとは、上 司がとても厳しい人なら、後輩との間に入って和らげる役割を担います。 その逆なら、自らが後輩に対して、厳しい態度を取ります。

22.中堅社員は上司と矛盾しないようにする

中堅社員は、上司と矛盾しないように注意します。矛盾するとは、後輩に 対して、上司と異なる指示や指導をしないということです。上司が右と言 っているならば、右に行くように後輩を指導します。

23.中堅社員は上司の欠点をカバーする

中堅社員は、上司の欠点をカバーすることが大切です。例えば、上司が細 かいデータ分析が苦手ならば、データ分析を代行してあげます。このよう に、上司の欠点をカバーしてチーム力が高まるようにします。

24.中堅社員は上司の悪口を決して言わない

中堅社員は、上司の悪口を決して言ってはいけません。上司に対して、言 いたいことはたくさんあるのが普通ですが、後輩に対して上司の悪口を言 うことにより、チームがぎくしゃくする可能性があるからです。

25.中堅社員は上司を押し上げるようにする

中堅社員は、組織の中で上司を押し上げるようにします。つまり、上司が 出世するのを助けるという意味です。上司を押し上げることで、逆に上司 に引き上げてもらえる可能性が高まるのです。

※中堅社員研修のカリキュラムはここをクリックして下さい

※社員研修の講師派遣について、お気軽にお問合わせください。


←中堅社員研修4へ

中堅社員研修6へ→


中堅社員研修5へ戻る▲