中堅社員研修4

社員研修HOME  >  

中堅社員研修の内容  >  

中堅社員研修4

中堅社員研修の内容

中堅社員研修4

中堅社員は、上司を補佐する立場ですから、会社の方針や上司の方向性 をしっかりと理解することが大切です。そして、上司が目標を達成するた めに、自分の役割は何かを知り、その役割を果たすことです。中堅社員研 修の内容を理解していただくための、50ポイント(その4)16〜20 についてご説明します。

中堅社員イメージ

16.中堅社員は会社の方針を理解する

中堅社員は、会社の方針を理解しなければなりません。社長が話している ことや、会社の方針に関する資料などに注意を払い、会社全体がどこに向 かおうとしているのか、何をしようとしているのかを理解します。

17.中堅社員は上司の方向性を理解する

中堅社員は、上司の方向性を理解しなければなりません。上司は会社の方 針にしたがって、部下に指示を出すのですから、上司はどの方向に向かお うとしているのか、ゴールはどこなのかを理解します。

18.中堅社員はチームの強みを知る

中堅社員は、チームの強みを知ることが大切です。上司が目指す方向に向 かい、目標に到達するために、チームはどのような強みを持っているのか を理解して、強みを伸ばすことを考えます。

19.中堅社員はチームの弱みを知る

中堅社員は、自らの属するチームの強みを知ると同時に、チームの弱みも 知っておくことが大切です。目標を達成するために、チームの弱みを補強 して、少しでもチームの総合力が高まるように努力します。

20.中堅社員はチームにおける役割を知る

中堅社員は、チームの中でどのような役割を果たせばよいかを知っておく ことが大切です。例えば、ムードメーカーとして、皆を元気づけるのが自 分の役割であるとか、具体的に役割を考えるようにします。

※中堅社員研修のカリキュラムはここをクリックして下さい

※社員研修の講師派遣について、お気軽にお問合わせください。


←中堅社員研修3へ

中堅社員研修5へ→


中堅社員研修4へ戻る▲