メンター研修8

社員研修HOME  >  

メンター研修の内容  >  

メンター研修8

メンター研修の内容

メンター研修8

メンターは、メンターとしてやるべきことをきちんと実行して、やるべきでな いことは、絶対にやらないように注意することが必要です。そのためには、 メンターはメンター研修を受講して、メンターとしての心構えを学ぶことで す。メンター研修とは何かを理解していただくための、50ポイント(その8) 1〜5についてご説明します。

メンターイメージ

36.メンターがやるべきこと

メンターがやるべきことは、メンタリングプログラムの理解、メンター研修 の受講、月に1回のメンタリングと2〜3回のコンタクト、守秘義務を守る ことなどです。常に人材育成の高い意識を持ち続けることが大切です。

37.メンターがやるべきでないこと

メンターがやるべきではないことは、自分の価値観を押し付けること、ビジ ョンや目標が不明確なままメンタリングを行うこと、指示・命令で動かそう とすることなどです。成果のみ追求せず、人事育成することです。

38.オープンコミュニケーション

オープンコミュニケーションとは、上下の区別なく、誰でも自由に自分の 意見を発表できることです。発言に対して、後から報復があっては絶対 にいけません。メンターはオープンコミュニケーションを心掛けます。

39.概念化能力

管理者に必要な3つの能力の1つです。技術的能力、対人関係能力、 概念化能力です。組織全体の複雑な構造を理解し、問題の全体像を把握 し、状況に適応した行動を取れることです。メンターに必須です。

40.キャリアサクセス

キャリアサクセスとは、キャリア発達の結果、成功がもたらされることです。 従来は、高い地位を得ることがキャリアサクセスと考えられてきましたが、 今は価値観が多様し、個人によりサクセスの条件は異なります。

※メンター研修のカリキュラムはここをクリックして下さい

※社員研修の講師派遣について、お気軽にお問合わせください。


←メンター研修7へ

メンター研修9へ→


メンター研修8へ戻る▲