メンター研修7

社員研修HOME  >  

メンター研修の内容  >  

メンター研修7

メンター研修の内容

メンター研修7

メンターとメンティーをどのように組み合わせるかというマッチングは、極め て重要な事項です。両者の相性を十分に見極めてから決めることが大切 です。また、メンターに必要なスキルをきちんと身に付けさせることです。 メンター研修とは何かを理解していただくための、50ポイント(その7)1〜 5についてご説明します。

メンターイメージ

31.メンターとメンティーのマッチング

メンターとメンティーのマッチングは、メンター制度の導入において、最も 重要な事項です。この相性が悪ければ、成果があがることはないからです。 したがって、相性診断を実施して、テスト期間を設けます。

32.メンタリングのモニタリング

実際にメンタリングがスタートした後は、人事部や関係部署により、モニタ リングを行うことになります。一般に面接やアンケートにより、メンタリング が適切に行われているか把握します。必要に応じて支援をします。

33.メンタリングプログラム評価・修正

メンタリングは6ヵ月から2年間くらいで終了しますが、区切りがついた段階 で、最終的な評価を行います。この方法も、面接やアンケートを活用します。 もし問題があるようでしたら、プログラムの修正を行います。

34.メンターの適正条件

メンターの適正条件は、まずメンティーの経験がある人が望ましいです。そして、 メンティーに対して、愛情を持って接する人がよいです。仕事の知識や経験は必要 ですが、ただ単に能力が高いだけでは、メンターに適しているとはいえません。

35.メンターに必要なスキル

メンターに必要なスキルは、目標設定、リーダーシップ、カウンセリング、 コーチング、フィードバックなどです。メンティーを一方的に動かそうとす るのではなく、自発的に動くための支援をするためのスキルです。

※メンター研修のカリキュラムはここをクリックして下さい

※社員研修の講師派遣について、お気軽にお問合わせください。


←メンター研修6へ

メンター研修8へ→


メンター研修7へ戻る▲