メンター研修5

社員研修HOME  >  

メンター研修の内容  >  

メンター研修5

メンター研修の内容

メンター研修5

メンタリングを実施する以上、確実に成果を出さなければなりません。その ためには、メンターとメンティーが目標を共有化することから始めて、途中 経過についても示してあげて、段階的に成果を共有化することが大切で す。メンター研修とは何かを理解していただくための、50ポイント(その5) 1〜5についてご説明します。

メンターイメージ

21.企業の育成目標の確認

メンタリングでは、ビジョニングが重要であるということはすでに述べ ました。ここで考えなければいけないことは、メンタリングにおけるビジ ョンは、企業の育成目標と合致させる必要があるということです。

22.メンタリングの成果を高める

メンタリングを実施した際に、結果を出さなければなりません。すなわち 成果を高めることが要求されるのです。そのためには、行動課題に優先順位 を付けて、確実に実行するように支援することです。

23.結果をフィードバックする

メンタリングの場での、メンティーの行動や態度、あるいはメンタリングの 場以外で得た情報に関して、そのまま正確にフィードバックします。ここで 大切なことは、評価を加えないで、事実を教えてあげることです。

24.メンティーの話をよく聴く

メンターには、カウンセリングのスキルが必要です。カウンセリングの基本 は、相手の話を遮らずによく聴くことです。この場合にも、途中で評価を挟む ことなく、最後までしっかりと話しを聴くことが大切です。

25.途中経過を示してあげる

メンターの大事な仕事にレビューィングがあります。これは、途中経過を示 してあげるという意味です。最終ゴールの共有化はできているわけですから、 現段階で、ここまで来たねという成果を共有化することです。

※メンター研修のカリキュラムはここをクリックして下さい

※社員研修の講師派遣について、お気軽にお問合わせください。


←メンター研修4へ

メンター研修6へ→


メンター研修5へ戻る▲