メンター研修4

社員研修HOME  >  

メンター研修の内容  >  

メンター研修4

メンター研修の内容

メンター研修4

メンターとメンティーの関係は、決して上下関係にしてはいけません。メン ティーを指示・命令で動かすのではなく、メンターはメンティーを1人の人 間として尊重して、相互に友好関係を築くようにすることが大切です。メン ター研修とは何かを理解していただくための、50ポイント(その4)1〜5 についてご説明します。

メンターイメージ

16.心理・社会的機能

メンタリングにおける心理・社会的機能とは、ひとことで言えば、メンティ ーを、成熟した一人前の社会人に育成するための支援のことです。キャ リア的機能と並んで、メンタリングを構成する重要な機能です。

17.ロールモデル

ロールとは、役割という意味であり、ロールモデルとは役割を演じるための 手本という意味です。すなわち、メンターは、メンティーが成長するための 行動指針の手本とならなければいけないということです。

18.受容と確認

メンターは、メンティーを受容し、確認しなければなりません。具体的に言 うと、メンターはメンティーを常に1人の人間として尊重して、無条件に 肯定的な関心を持ち続けていることを示すことです。

19.カウンセリング

メンターはメンティーにカウンセリングを行います。常にオープンマインド でメンティーに接することにより、メンティーの精神的および心理的なスト レスを解消するように努めます。

20.フレンドシップ

メンターはメンティーを部下や子分、手下などと考えてはいけません。組織 上の指示・命令で動かすのではなく、信頼関係や友情関係により、自発的に 行動するような関係を築くことが大切です。

※メンター研修のカリキュラムはここをクリックして下さい

※社員研修の講師派遣について、お気軽にお問合わせください。


←メンター研修3へ

メンター研修5へ→


メンター研修4へ戻る▲