メンター研修2

社員研修HOME  >  

メンター研修の内容  >  

メンター研修2

メンター研修の内容

メンター研修2

メンタリングには、3つの種類があります。ワン・ツゥー・ワン、グループ、 バーチャルです。企業で制度として実施する場合のメンタリングでは、ワ ン・ツゥー・ワン・メンタリングの形式で実施されることが通常です。メンタ ー研修とは何かを理解していただくための、50ポイント(その2)1〜5に ついてご説明します。

メンターイメージ

6.ワン・ツゥー・ワン・メンタリング

ワン・ツゥー・ワン・メンタリングとは、メンティー1人に対して、メン ターが1人付いて、1対1で行うメンタリングのことです。コンピテシー を早期に身に付けさせるためにも、メンタリングの基本と考えられます。

7.グループメンタリング

グループメンタリングとは、特定のグループの中で、各々がメンターとメン ティーの役割を担うメンタリングのことです。毎月1回、数時間のグループ 活動により進められるのが、通常です。

8.バーチャルメンタリング

バーチャルメンタリングとは、電話、Eメール、テレビ会議などを使用して 実施するメンタリングのことです。対面のほうが効果が高いことは確かですが、 人によっては、Eメールのほうが意思疎通を図りやすいという場合もあります。

9.メンタリングモデル

メンタリングモデルとは、メンタリングの構造のことです。アメリカの心理 学者E・Kプラムは、メンターがメンティーに及ぼす支援行動は、キャリア 的機能と心理・社会的機能の2つから構成されていると説明しています。

10.キャリア的機能

キャリア的機能とは、メンターがメンティーのキャリア発達、すなわち昇進や 昇格などを実現するための支援を行うことです。キャリア的機能は、メンター 制度の重要な目的と考えられています。

※メンター研修のカリキュラムはここをクリックして下さい

※社員研修の講師派遣について、お気軽にお問合わせください。


←メンター研修1へ

メンター研修3へ→


メンター研修2へ戻る▲