業務改革コンサルティング

社員研修HOME  >  

経営コンサルティング  >  

業務改革コンサルティング

経営コンサルティング
 Management Consultimg

業務改革コンサルティング

業務改革コンサルティングの目的

低成長時代が続く中で、コスト削減による利益確保の重要性が高まって います。コスト削減の意識はあれども、社内だけで抜本的な改革を成し遂 げることは、相当に困難です。業務改革コンサルティングの目的は、企業 の業務を抜本的に見直して、部門を超えた全社視点から業務効率を高め る仕組みを構築することです。

業務改革コンサルティングイメージ

業務改革コンサルティングの対象

経営者、役員、経営企画室

業務改革コンサルティングに要する期間

ワンクール3ヵ月から6ヵ月程度

業務改革コンサルティングの主な内容

1.業務改革の理論・手法を企業経営に適用
2.業務改革に必要なデータ収集・分析
3.業務改革の対象や改革内容を検討
4.業務改革システムの構築
5.業務改革システムの推進に関するアドバイス


業務改革コンサルティングの進め方




ステップ1  :  業務改革データ収集

業務改革に必要なデータを社内外から収集します。経営者や役員は
もちろんのこと、幅広い社員から情報収集を行います。

矢印

ステップ2  :  業務改革データ分析

業務改革に必要なデータ分析をします。データ分析には、コンサルタント
による専門的な知識および分析手法を活用します。

矢印

ステップ3  :  業務改革コンセプト確立

データ分析に基づいて、業務改革のコンセプトを確立します。それと同時に
業務改革の対象と改革内容を検討します。

矢印

ステップ4  :  業務改革システム構築

業務改革コンセプトに基づいて、業務改革に必要な要素を体系化して
業務改革システム構築をいたします。

矢印

ステップ5  :  業務改革の推進提案

コンサルタントにより、業務改革システムに基づき、貴社の業務改革の
推進に関する具体的なアドバイスを行います。


※上記は概要ですので、実際のコンサルティングでは、貴社と詳細なお打ち合わせをした上で、
   貴社に適した内容と進め方をご提案いたします。お気軽にお問合わせ下さい。


←内部統制コンサルティングへ

M&A戦略コンサルティングへ→


業務改革コンサルティングトップへ戻る▲