弁護士による法律研修

社員研修HOME  >  

弁護士による法律研修  >  

知的財産法研修

弁護士による法律研修
 Legal Seminar

知的財産法研修

知的財産法研修の目的

高度情報化社会を迎えて、情報発信のメディアも多様化しており、情報に 対する権利や取扱の複雑さが増しています。知的財産法研修の目的は、 このような時代背景の中で、企業が自社の知的財産権をどのように守り、 活用していけばよいかを学んでいただくことです。弁護士が分かりやすく 解説いたします。

知的財産法研修イメージ

対象となる受講者

社長、役員、法務担当者、総務担当者、一般社員

研修に要する日数

1日コース

知的財産法研修の主な内容

研修の内容と手法(1日コース例)


1.知的財産法の全体系を理解する

  • (1)知的財産法の制定目的・概要
  • (2)知的財産法の最新改正ポイント
  • (3)知的財産法の留意点

2.知的財産法を構成する主な法律の要点

  • (1)不正競争防止法
  • (2)特許法
  • (3)実用新案法
  • (4)意匠法
  • (5)商標法
  • (6)著作権法
講義

知的財産法に関するグループワーク

  • ・知的財産法対応の現状分析をする
  • ・知的財産法対応に関する課題を抽出する
  • ・知的財産法対応の改善策を検討する
討議

上記グループワークの発表と講師によるコメント

  • ・良い点・悪い点の明確な指摘
  • ・改善ポイントを具体的にアドバイス
  • ・疑問点に対する質疑応答
発表
研修のまとめ 講義

※上記は概要ですので、実際の研修では、貴社と詳細なお打ち合わせをした上で、
   貴社に適した研修カリキュラムをご提案いたします。お気軽にお問合わせ下さい。


←独禁法・下請法研修へ

行政法研修へ→


知的財産法研修トップへ戻る▲