弁護士による法律研修

社員研修HOME  >  

弁護士による法律研修  >  

債権法研修

弁護士による法律研修
 Legal Seminar

債権法研修

債権法研修の目的

明治時代に施行されたまま、若干の改正はあったものの、抜本的な改正 がないまま今日に至る民法の債権に関わる領域が抜本改正されることに なっています。まだ民法(債権法)改正検討委員会が検討している段階で すが、債権法改正の見通しと留意点を、弁護士が可能な範囲内で、詳しく 解説いたします。

債権法研修イメージ

対象となる受講者

社長、役員、法務担当者、総務担当者、一般社員

研修に要する日数

1日コース

債権法研修の主な内容

研修の内容と手法(1日コース例)


1.債権法改正の動向

  • (1)債権法改正の基本方針
  • (2)債権法改正の今後の立法動向
  • (3)債権法改正を読み取る視点

2.契約締結に関するポイント

  • (1)契約締結前の規律
  • (2)契約締結時の規律
  • (3)契約内容の変容

3.債権回収に関するポイント

  • (1)契約の履行・不履行
  • (2)契約に基づく債権回収の規律
  • (3)時効管理と債権の異動
講義

債権回収に関するグループワーク

  • ・債権回収の現状分析をする
  • ・債権回収に関する課題を抽出する
  • ・債権回収の改善策を検討する
討議

上記グループワークの発表と講師によるコメント

  • ・良い点・悪い点の明確な指摘
  • ・改善ポイントを具体的にアドバイス
  • ・疑問点に対する質疑応答
発表
研修のまとめ 講義

※上記は概要ですので、実際の研修では、貴社と詳細なお打ち合わせをした上で、
   貴社に適した研修カリキュラムをご提案いたします。お気軽にお問合わせ下さい。


←金融商品取引法研修へ

労働法研修へ→


債権法研修トップへ戻る▲