弁護士による法律研修

社員研修HOME  >  

弁護士による法律研修  >  

契約書作成研修

弁護士による法律研修
 Legal Seminar

契約書作成研修

契約書作成研修の目的

契約書作成研修の目的は、ビジネスの最も基本となる契約書に関する基 礎知識を学び、契約書作成や契約書審査を実施する上での主要ポイント を身に付けていただくことです。契約書作成研修では、これまで数多くの 契約書作成や契約書審査を実施してきた弁護士が分かりやすく解説しま すので、直接、実務ノウハウを学ぶことができます。

契約書作成研修イメージ

対象となる受講者

社長、役員、法務担当者、一般社員

研修に要する日数

1日コースから3日間コース

契約書作成研修の主な内容

研修の内容と手法(1日コース例)


1.契約書とは何か

  • (1)なぜ契約書が必要なのか
  • (2)どのような場合に契約書を作成するのか
  • (3)コアコンピタンスの活用

2.契約審査の法律知識

  • (1)契約審査の基礎知識
  • (2)頻出事項の意味と内容
  • (3)契約審査の手順

3.契約書のケーススタディ

  • (1)売買契約書
  • (2)業務委託契約書
  • (3)秘密保持契約書等
講義

契約書に関するグループワーク

  • ・契約書の現状分析をする
  • ・契約書に関する課題を抽出する
  • ・契約書の改善策を検討する
討議

上記グループワークの発表と講師によるコメント

  • ・良い点・悪い点の明確な指摘
  • ・改善ポイントを具体的にアドバイス
  • ・疑問点に対する質疑応答
発表
研修のまとめ 講義

※上記は概要ですので、実際の研修では、貴社と詳細なお打ち合わせをした上で、
   貴社に適した研修カリキュラムをご提案いたします。お気軽にお問合わせ下さい。


←弁護士による法律研修一覧へ

事業承継研修へ→


契約書作成研修トップへ戻る▲