ロジカルシンキング研修

社員研修HOME  >  

業務改善研修  >  

ロジカルシンキング研修

業務改善研修
 Seminar of
 Business Improvement

ロジカルシンキング研修

ロジカルシンキング研修の目的

ロジカルシンキング研修の目的は、視野を広げることにより、物事の背景 や原因を正確に把握して、本質について厳密に考えることができる社員を 育成することです。社内の報告・連絡・相談のピントがずれるとか、企画書 作成や企画提案の的がはずれるなどの問題を解決することが可能になり ます。ロジカルシンキングはすべての仕事の原点です。

ロジカルシンキング研修イメージ

対象となる受講者

役員から一般社員までロジカルシンキングを必要とする社員

研修に要する日数

1日から2日コース

ロジカルシンキング研修の主な内容

研修の内容と手法(1日コース例)


1.ロジカルシンキングはなぜ重要なのか

  • (1)ロジカルシンキングの意味
  • (2)演繹法・帰納法による思考法
  • (3)ロジカルシンキングの活用シーン

2.ロジカルシンキングによる分析法

  • (1)MECE(話しの重複、漏れをなくす)
  • (2)So What?/ Why So?(何を意味するか、本当か)
  • (3)根拠と結論を連鎖させる

3.ロジックツリーの展開

  • (1)結果ー原因による展開
  • (2)目的ー手段による展開
  • (3)全体ー部分による展開
講義

ロジカルシンキングに関するグループワーク

  • ・ケーススタディの説明
  • ・ロジカルツリーの作成
  • ・課題解決策の作成
討議

上記討議結果の発表と講師によるコメント

  • ・良い点・悪い点の明確な指摘
  • ・改善ポイントを具体的にアドバイス
  • ・疑問点に対する質疑応答
発表
研修のまとめ 講義

※上記は概要ですので、実際の研修では、貴社と詳細なお打ち合わせをした上で、
   貴社に適した研修カリキュラムをご提案いたします。お気軽にお問合わせ下さい。


←タイムマネジメント研修へ

問題解決・課題解決研修へ→


ロジカルシンキング研修トップへ戻る▲