コーチング研修

社員研修HOME  >  

部下管理研修  >  

コーチング研修

部下管理研修
 Management of
 Subordinates

コーチング研修

コーチング研修の目的

コーチング研修の目的は、管理者はコーチとして、部下の自主性を尊重し ながら、部下の潜在的な能力を発揮できるようなサポートをできるように することです。コーチング研修では、企業内で実際に起こりそうないろい ろなケースを想定して、管理者と部下のやりとりの良い例と悪い例を比較 しながら、コーチングの手法を身に付けていきます。

コーチング研修イメージ

対象となる受講者

役員、管理者、管理者候補など

研修に要する日数

1日コースから2日間コース

コーチング研修の主な内容

研修の内容と手法(1日コース例)


1.コーチングとは何か

  • (1)コーチングの語源と本質的な意味
  • (2)コーチングとティーチングの違い
  • (3)コーチングとカウンセリングの違い

2.コーチングの実践手法を学ぶ

  • (1)適切な質問により部下の本音を引き出す
  • (2)承認により部下の考えを認める
  • (3)誉めることにより部下の意欲を高める

3.コーチング話法の研究

  • (1)部下に対する悪い対応の事例
  • (2)部下に対するコーチング事例
  • (3)良い事例に共通するルール
講義

コーチングに関するグループワーク

  • ・ケーススタディによるコーチング話法の検討
  • ・良い話法と悪い話法の違いの理解
  • ・コーチングロールプレイング
討議

上記討議結果の発表と講師によるコメント

  • ・良い点・悪い点の明確な指摘
  • ・改善ポイントを具体的にアドバイス
  • ・疑問点に対する質疑応答
発表
研修のまとめ 講義

※上記は概要ですので、実際の研修では、貴社と詳細なお打ち合わせをした上で、
   貴社に適した研修カリキュラムをご提案いたします。お気軽にお問合わせ下さい。


←部下指導研修へ

ほめ方・叱り方研修へ→


コーチング研修トップへ戻る▲