新入社員フォロー研修

社員研修HOME  >  

階層別研修  >  

新入社員フォロー研修

階層別研修
 Course by Hierarchical
 levels

新入社員フォロー研修

新入社員フォロー研修の目的

新入社員フォロー研修の目的は、入社して基本的な新入社員研修を終えて それぞれの部署へ配属となり、しばらく経過した新入社員を再び集合させ て、相互の意思疎通を図ると共に、仕事への意欲を高めることです。次の 新入社員を迎える立場に変わるために、自己管理がきちんとできる一人前 の社会人としての自己確立が図れるようになります。

新入社員フォロー研修イメージ

対象となる受講者

新入社員

研修に要する日数

1日コースから2日間コース

新入社員フォロー研修の主な内容

研修の内容と手法(1日コース例)


1.配属先での仕事を振り返る

  • (1)新入社員研修で作成した自己プログラムの確認
  • (2)実際の配属先で実現できたこと、できなかったこと
  • (3)上司や先輩からほめられたこと、叱られたこと

2.社会人としての自己管理

  • (1)効率的な行動計画を立てる
  • (2)優先順位をつけて仕事に取り組む
  • (3)P−D−Cサイクルを回す

3.自己の強みを発揮する

  • (1)自分の強み・弱みを分析する
  • (2)理想とする先輩社員像を描く
  • (3)新入社員を迎える心構え
講義

行動管理のグループワーク

  • ・時間配分の問題点を抽出する
  • ・効率的な時間配分を検討する
  • ・行動効率を高める具体策を決める
討議

上記グループワークの発表と講師によるコメント

  • ・良い点・悪い点の明確な指摘
  • ・改善ポイントを具体的にアドバイス
  • ・疑問点に対する質疑応答
発表
研修のまとめ 講義

※上記は概要ですので、実際の研修では、貴社と詳細なお打ち合わせをした上で、
   貴社に適した研修カリキュラムをご提案いたします。お気軽にお問合わせ下さい。


←新入社員研修へ

内定者研修へ→


新入社員フォロー研修トップへ戻る▲