タイムマネジメント研修10

社員研修HOME  >  

タイムマネジメント研修の内容  >  

タイムマネジメント研修10

タイムマネジメント研修の内容

タイムマネジメント研修10

タイムマネジメントのゴールは、経営者の視点で考え、企業価値を高めら れるかどうかで仕事上の価値判断と行動ができるようになることです。タ イムマネジメント研修では、何が重要なのかという価値観を、徹底的に指 導します。タイムマネジメント研修とは何かを理解していただくための、50 ポイント(その10)46〜50についてご説明します。

タイムマネジメントイメージ

46.常に経営者の視点から考える

どんな役職の人でも、仕事の価値判断は、常に経営者の視点から考え ることが重要です。限られた時間の中で仕事を選択して進めるのです から、自分が経営者だったら、何を重視するかで判断するのです。

47.有言実行の人となる

タイムマネジメントにおいて、有言実行は極めて重要です。なぜならば、 自分が何をしたいのかを明確にしておかなければ協力を得られないし、 足をひっぱられて時間ロスが生じる可能性が高いからです。

48.プラス志向の人となる

タイムマネジメントで最悪なのは、過去の判断ミスをいつまでも引きずる ことです。終わったことは反省したら、区切りをつけます。常に、プラス 志向で前だけを見ることが、ムダな時間の削減に最も役立ちます。

49.周囲から一目置かれる人となる

業績を高めて、仕事ができる人という評価を得られると、周囲からムダな 仕事を押し付けられることがなくなり、時間効率を高められるようになり ます。周囲から一目置かれるレベルに達することが重要です。

50.仕事人間には陥らない

24時間仕事をしている仕事人間はタイムマネジメントの優れた人なので しょうか。これは間違いです。オンとオフを切り替えて、常に心身ともに 健康な人が、トータル的な仕事効率を高めることができるのです。

※タイムマネジメント研修のカリキュラムはここをクリックして下さい

※社員研修の講師派遣について、お気軽にお問合わせください。


←タイムマネジメント研修9へ

タイムマネジメント研修の内容へ→


タイムマネジメント研修10へ戻る▲