タイムマネジメント研修8

社員研修HOME  >  

タイムマネジメント研修の内容  >  

タイムマネジメント研修8

タイムマネジメント研修の内容

タイムマネジメント研修8

タイムマネジメントの要となるのは、すべての仕事に対して、常に優先順位 が決まっていることです。重要な仕事から先に着手して、効率と効果を同 時に高めなければなりません。タイムマネジメント研修では、優先順位の 付け方を詳しく解説します。タイムマネジメント研修とは何かを理解してい ただくための、50ポイント(その8)36〜40についてご説明します。

タイムマネジメントイメージ

36.全仕事に常に優先順位を付ける

自分がやるべきすべての仕事に、常に優先順位を付けていなければな りません。新たな仕事が入ったら、すぐにその仕事に対して順位を決め ることです。常に優先順位を付け替えながら、複数の仕事を進めます。

37.仕事の優先順位は必ず書き出す

仕事の優先順位は、頭で考えただけではだめです。箇条書きでよいの で、必ず書きだすことが大切です。書くことにより、何をやらなければな らないかが整理でき、見ることにより優先順位を決めることができます。

38.仕事ごとにタイムスケジュールを立てる

すべての仕事に対して、自分の力量だと、どのくらいの時間でやり遂げ られるのかという予測時間を決めます。そして、いつまでにどの仕事を 終えなければならないかというタイムスケジュールを立てます。

39.仕事の照準を顧客創造に合わせる

仕事で最も重要なのは顧客創造です。そのためには、既存顧客の満足 度を高めることと、新規客開拓をすることです。営業に限らず、全社員に とって、仕事の優先度の判断基準は、顧客創造に役立つかどうかです。

40.顧客創造に対しては時間をかける

タイムマネジメントではムダな時間は節減しますが、必要な仕事には、 十分な時間をかけます。最も時間をかけなけらばならない仕事は顧客 創造に直結する仕事です。顧客接点は増やさなければなりません。

※タイムマネジメント研修のカリキュラムはここをクリックして下さい

※社員研修の講師派遣について、お気軽にお問合わせください。


←タイムマネジメント研修7へ

タイムマネジメント研修9へ→


タイムマネジメント研修8へ戻る▲