タイムマネジメント研修5

社員研修HOME  >  

タイムマネジメント研修の内容  >  

タイムマネジメント研修5

タイムマネジメント研修の内容

タイムマネジメント研修5

タイムマネジメントでは、いかに社内外の人からのアドバイスを高め、仕事 の量と質を高めることができるかが、重要なポイントです。タイムマネジメ ント研修では、自分の考えと他人からのアドバイスを、どう整合させるかと いう方法論を教えます。タイムマネジメント研修とは何かを理解していただ くための、50ポイント(その5)21〜25についてご説明します。

タイムマネジメントイメージ

21.最適なチーム構成にする

仕事のチームを作る場合、タイムマネジメントにおいては、そのメンバー 構成が重要な鍵を握ります。性格、能力、得意分野などを総合的に判 断して、最適な構成にすると、時間効率が高まります。

22.同僚との関係を良好にする

便利屋にならない、アフターファイブの付き合いをほどほどにするなど と説明しましたが、同僚との関係は良好に保つことも同時に大切です。 役立つ情報を提供するなど、仕事の質の面で協力するとよいです。

23.相互チェックを活用する

パートナーやチームでは、分担した仕事を自己完結すると共に、できる だけ相互チェックするようにします。外部に提出する前に、ミスをなくして おくことが、時間効率を高めることに繋がります。

24.アドバイスを謙虚に受け止める

パートナーやチームからのアドバイスに対しては、謙虚に受け止めるこ とが大切です。自分の考えに、アドバイスを加味することにより、短時間 で、完成度の高い仕事を遂行できるからです。

25.社外の人の意見も聞いてみる

仕事の守秘義務の範囲内ではありますが、社外人脈を活用して、社外 の人の意見も聞いてみることは、とても大切です。まったく別の次元か らのアイデアを得たり、間違いに気づくこともあるからです。

※タイムマネジメント研修のカリキュラムはここをクリックして下さい

※社員研修の講師派遣について、お気軽にお問合わせください。


←タイムマネジメント研修4へ

タイムマネジメント研修6へ→


タイムマネジメント研修5へ戻る▲