女性社員研修の注意点9

社員研修HOME  >  

女性社員研修の注意点  >  

女性社員研修の注意点9

女性社員研修の注意点

女性社員研修の注意点9

女性社員は仲良しグループを形成する傾向がありますから、そのような グループの動きや、そこからはずれてしまった人がいないかどうかなど、 常日頃から注意をしておくことが大切です。女性社員研修を実施する際 に、注意するべき50ポイント(その9)41〜45についてご説明します。

41.「女は」と決めつける上司は無能です

「女はわからない」とか、「女のくせに」などの言葉を発する上司は、 自分の無能ぶりを証明しているようなものです。このような一言で自分 の職責を放棄することなく、真剣に向き合うことが必要です。

42.女性社員を愛称で呼んではいけません

親しみを込めたつもりで、女性社員を愛称で呼ぶ上司がいますが、この ような呼び方はやめるべきです。特に、特定の女性社員のみを愛称で呼ぶ ことは、他の女性社員との関係をぎくしゃくさせるので厳禁です。

43.女性社員の仲間はずれには早めに手を打ちます

女性社員は昼食などを必ずといってよいほど、仲良しグループで食べま す。このような仲間からはずれて一人ぼっちの女性社員を見かけたら、必ず 声をかけて改善を図ります。仕事にも支障が出ているはずです。

44.女性社員間のトラブルには慎重に対処します

仲間はずれも含めて、女性社員間でトラブルが生じたときは、いきなり注意 するのではなく、関係者すべてから情報収集をして慎重に対処します。いい 加減な対応をすると、長くしこりが残ります。

45.特定の女性社員を退社後に誘ってはいけません

個人的な交際は別にして、軽い打ち上げなどで女性社員を退社後に誘 う場合には、自分の部下を全員誘うようにします。特定の女性社員や、 特定の仲間だけを誘うと、人間関係がぎくしゃくするもとになります。

※社員研修の講師派遣について、お気軽にお問合わせください。


←女性社員研修の注意点8へ

女性社員研修の注意点10へ→


女性社員研修の注意点9へ戻る▲