女性社員研修の注意点8

社員研修HOME  >  

女性社員研修の注意点  >  

女性社員研修の注意点8

女性社員研修の注意点

女性社員研修の注意点8

女性社員を動かそうとするときに、上司の権力を振りかざしても、協力を得 られることはありません。リーダーシップを発揮して、女性社員の尊敬を受 け、権威によって動かすことが大切です。女性社員研修を実施する際に、 注意するべき50ポイント(その8)36〜 40についてご説明します。

36.女性社員に対しては権力より権威が重要です

女性社員に対して、強い命令口調で指示すれば、表面的には従います が、相当に嫌われて、心から協力してくれることはありません。権力で 動かすのではなく、尊敬できる権威のある上司になることが大切です。

37.女性社員のチーム活動にはリーダーを指名します

女性社員にチームで仕事をさせるときは、必ず上司がチームリーダーを指名 するようにします。チーム編成やチームリーダーを決めてから実施させないと 仲良しグループでリーダーも適任ではないという結果になりがちです。

38.女性社員には仕事の期限を変えないようにします

女性社員に仕事を依頼するときは、仕事を終わらせる期限を明確に告げると 共に、一度依頼した仕事の期限を一方的に変更しないように注意します。 女性社員は、男性社員よりも自分のペースを守りたい傾向が強いのです。

39.女性社員の報告は熱心に聴いてあげるようにします

部下からの報告を熱心に聴くのは当然ですが、女性社員の報告に対し ては、内容が把握できた後も、最後まで熱心に聴いてあげます。上司が 聴く姿勢を持っていると、女性社員の意欲とレベルが高まるのです。

40.新入社員は先輩社員に育成させます

女性新入社員のマナーを高めるために、先輩の女性社員に教育させる と、先輩の女性社員のマナーも向上するという効果が得られます。その ためには、先輩の女性社員に、最初に教育の目的を伝えておきます。

※社員研修の講師派遣について、お気軽にお問合わせください。


←女性社員研修の注意点7へ

女性社員研修の注意点9へ→


女性社員研修の注意点8へ戻る▲