女性社員研修の注意点6

社員研修HOME  >  

女性社員研修の注意点  >  

女性社員研修の注意点6

女性社員研修の注意点

女性社員研修の注意点6

女性社員が仕事に意欲を持って取り組んでもらえるかどうかは、上司の 仕事に対する取り組み姿勢や女性社員に対する接し方で大きく変わります。 よきパートナーとして仕事を進めましょう。女性社員研修を実施する 際に、注意するべき50ポイント(その6)26〜30についてご説明します。

26.女性社員には同情よりも励ましの言葉をかけます

女性社員が仕事が重なって忙しそうにしているとき、「大変そうだね」と か、「一人で大丈夫か」などと、同情の言葉をかけるよりも、「頑張って ね、君ならできるよ」などの励ましの言葉をかけましょう。

27.女性社員の声は会社の問題点のアンテナです

男性の管理者は、女性社員の持ちこむ不満や悩みは、些細なこととして 捉えがちですが、本当にそうでしょうか。実際には、女性社員の声は、 会社全体の問題点を反映していることが多いのです。

28.女性社員には仕事の重要性を繰り返し伝えます

女性社員の中には、「私一人くらいいなくても」と、自分のことを軽く 考えている人もいます。しかし、実際には、このような考えで仕事をして もらっては困ります。仕事の重要性を繰り返し伝えましょう。

29.特定の女性社員に仕事を集中させないようにします

優秀な社員に仕事が集中する傾向があります。女性社員に関しても快く 仕事を引き受けてくれる頼みやすい人に、仕事が集中します。表面的に は気にしていないようでも、周囲が気を配ってあげる必要があります。

30.上司の情熱が女性社員のやる気を引き出します

女性社員が本当にやる気を出すかどうかは、上司が情熱を持って仕事に 取り組んでいるかどうかで決まります。目標となる上司がいれば、後ろ姿を見て部下が育ちます。女性社員の場合はその傾向が強いです。

※社員研修の講師派遣について、お気軽にお問合わせください。


←女性社員研修の注意点5へ

女性社員研修の注意点7へ→


女性社員研修の注意点6へ戻る▲