女性社員研修の注意点4

社員研修HOME  >  

女性社員研修の注意点  >  

女性社員研修の注意点4

女性社員研修の注意点

女性社員研修の注意点4

女性社員を叱るときに、過去を蒸し返したり、レッテルを貼ってはいけませ ん。女性社員の人格を一方的に決め付けることはせず、今起きている事 実のみをしっかりと叱ることが大切です。女性社員研修を実施する際に、 注意するべき50ポイント(その4)16〜20についてご説明します。

16.女性社員を叱るときは過去を蒸し返さない

女性社員がミスを犯して、それを叱っているときに、つい過去にミスを したときの場面が頭に浮かぶことがあります。しかし、過去を蒸し返して はいけません。叱るのは、今起こっていることのみに限定しましょう。

17.女性社員にレッテルを貼らないようにします

女性社員を叱るときに、レッテルを貼ってしまう上司がいます。例えば、 「君は内気な性格だから」、「君は勝気な性格だから」、「どうせ腰かけだ から」などです。勝手に決め付けることは絶対にいけません。

18.「女だから」と言ってはいけません

「女だから、もう少していねいにお茶を入れなさい」とか、「女だから、机 の上をきれいに片付けなさい」などという言い方は厳禁です。普段この ように言っていると、逆に「女だから」という甘えを許すことになります。

19.叱られるとむくれる女性社員には厳しく接します

女性社員の中には、叱られるとむくれて、その後で仕事の話をしても、 まともに口をきかないという人がいます。このような女性社員を黙認して はいけません。仕事に支障をきたすような甘えは決して許しません。

20.叱った後には、励ましの言葉をかけます

女性社員を強く叱った後に、しばらくして顔を合わせると、「今度は大丈 夫だよな」などと、叱ったことの念押しをしてはいけません。叱った後に 顔を合わせたときは、励ましの言葉をかけるのが正解です。

※社員研修の講師派遣について、お気軽にお問合わせください。


←女性社員研修の注意点3へ

女性社員研修の注意点5へ→


女性社員研修の注意点4へ戻る▲