女性社員研修の注意点1

社員研修HOME  >  

女性社員研修の注意点  >  

女性社員研修の注意点1

女性社員研修の注意点

女性社員研修の注意点1

女性には女性ならではのきめ細やかさがあります。その長所を生かすた めに、躾という要素が必要です。女性社員研修では、まず躾をしっかりす るための3つの手法から考えていくことが大切です。女性社員研修を実施 する際に、注意するべき50ポイント(その1)1〜5についてご説明します。

1.女性社員の躾の3つの手法を学びます

躾というと難しく思われがちですが、実際には3つの手法をあてはめて いけば、それほど難しいものではありません。3つの手法とは、@型から 教え込む A内面に働きかける B集団を通じて個人を高める です。

2.女子社員の躾の第一歩は自分から挨拶することです

挨拶は鏡と言われます。自分から挨拶すれば、相手も挨拶を返してくれ ます。その人がまた別の人に挨拶して、波及効果のように広がります。 無言なら相手も無言ですし、丁重なら相手も丁重に接してくれます。。

3.身だしなみのチェックは相互に実施させます

男性管理者が女性の身だしなみチェックをすると、一方的に嫌われたり セクハラ扱いされることさえあります。したがって、女性の身だしなみの チェックは、女性同士で実施させるのがよいと思います。

4.躾の注意は、間を空けて実施したほうがよいです

躾の注意は、いつもいつも実施していると、だんだん言われたからやる という甘えの構造に陥ってしまいます。しっかり注意した後は、しばらく 放っておいて、時間が経過してから、再び注意するようにします。

5.女性社員だからといって泣くことは許しません

最近の女性は強くなったので、めったに泣くことはないかもしれません。 それでも強く注意したら、泣く場合があるでしょう。一人前に育てようと 思うのならば、断固としてはねつけます。泣き終わるのを待ちます。

※社員研修の講師派遣について、お気軽にお問合わせください。


←女性社員研修の注意点へ

女性社員研修の注意点2へ→


女性社員研修の注意点1へ戻る▲