社長研修で学ぶ社長の心得6

社員研修HOME  >  

社長研修で学ぶ社長の心得  >  

社長研修で学ぶ社長の心得6

社長研修で学ぶ社長の心得

社長研修で学ぶ社長の心得6

社長は人事管理を公平にして、信賞必罰を明確にすることで、社員の意欲 は高まります。仕事は厳しいものだと明言して、だからこそやり遂げた人 は報われるのだということを周知させます。社長・役員研修で学んでいた だく社長の心得50ポイント(その6)26〜30についてご説明します。

26.社長は仕事は厳しいものであると教えます

職場は明るく楽しいほうがよいです。ただし、それは人間関係の話です。 仕事は厳しいものです。社長は人間関係と仕事を混同せず、仕事はあく までも厳しいものであり、だからこそやりがいがあると教えます。

27.部下のごまかしは徹底的にチェックします

部下の中には真面目に一生懸命にやる人間と、適当にごまかしてつじ つまをあわせる人間がいます。やったふりをしたり、ごまかそうとしたり する部下に対しては、厳しくチェックして、叱責することが必要です。

28.社長はやらざるをえないように追い込みます

現状維持に安住し、新しいことには取り組みたくないという人間の方が 圧倒的に多いのが現実です。したがって、社長が新しい仕組みを導入 する場合には、無理にでもやらざるをえない状況を作ることです。

29.社長の指示・命令はできるだけ単純にします

仕事を複雑にすると、一見高度なことをやっているように見えますが、実 際には、ミスが多発して業務効率が下がることが多いです。社長の作 る仕組みや、社長からの指示・命令は、できる限り単純なものにします。

30.給与はオープンにすると意欲が高まります

人事異動には自ら手を挙げさせる、給与はオープンにするなど、人事管 理をオープンにすると、社員間に競争意識が働き、意欲が高まります。 機会は平等に与えて、評価で格差をつけることで、公平になるのです。

※社長研修のカリキュラムはここをクリックして下さい

※社長対象のコンサルティングについて、お気軽にお問合わせください。


←社長研修で学ぶ社長の心得5へ

社長研修で学ぶ社長の心得7へ→


社長研修で学ぶ社長の心得6へ戻る▲