社長研修で学ぶ社長の心得3

社員研修HOME  >  

社長研修で学ぶ社長の心得  >  

社長研修で学ぶ社長の心得3

社長研修で学ぶ社長の心得

社長研修で学ぶ社長の心得3

社長は、自らが学ぶだけでなく、社員研修に熱心でなければなりません。 なぜならば、競合企業と差別化を図るための最も重要な要素は、人材に よる差別化だからです。社長・役員研修で学んでいただく社長の心得50 ポイント(その3)11〜15についてご説明します。

11.社長は社員研修で差別化を図るようにします

企業が勝ち抜くためには、差別化が必要です。商品の差別化も重要な 要素ですが、最も永続的に差別化を図れる決め手は、人材の差別化です。 社員研修を継続することによる差別化は、簡単にまねできません。

12.社員研修の最重要な目的はベクトル合わせです

社員研修の最重要な目的は、ベクトル合わせです。例え最初の間は、 ベクトルの長さが短い社員がいたとしても、とにかくベクトルの方向が、 合っていれば良しとします。社長と共通の価値観を持たせることです。

13.社員教育が不十分ならトップダウンで動かします

社長が社員教育が十分にできていないと考える段階では、トップダウン で動かすことが正解です。社員研修により、十分な教育を施した後は、 ボトムアップの要素を取り入れて、参画意識を高めます。

14.社員は声をかけ手を掛けるから育つのです

社長が方針を示して、やれと言っても、社員は思うように動きません。 社長が役員や管理者に向き合って、コミュニケーションを取るから動くの です。役員や管理者から一般社員に対しても同じです。

15.人材育成は噛んで含めるように教えることです

一度教えたら、完全にできるという社員は、ほとんどいないと考えて間 違いありません。同じ社員に、同じことを、何度でも、噛んで含めるよう に教えて、やっとできるようになるのです。人材育成は根気です。

※社長研修のカリキュラムはここをクリックして下さい

※社長対象のコンサルティングについて、お気軽にお問合わせください。


←社長研修で学ぶ社長の心得2へ

社長研修で学ぶ社長の心得4へ→


社長研修で学ぶ社長の心得3へ戻る▲