管理者研修で学ぶ部下育成のポイント10

社員研修HOME  >  

管理者研修で学ぶ部下育成のポイント  >  

管理者研修で学ぶ部下育成のポイント10

管理者研修で学ぶ部下育成のポイント

管理者研修で学ぶ部下育成のポイント10

管理者にもランクがあります。課長になったら部長、部長になったら取締 役と、さらに上を目指しましょう。それぞれの役職には何が必要なのか、 計画を立て、自己啓発に励むことが大切です。管理者研修では、管理者 の自己啓発の重要性と方法について教えます。 管理者研修で学んでい ただく部下育成の50ポイント(その10)46〜50についてご説明します。

46.会議運営は管理者の重要な仕事です

管理者は個人的な話し合いでも説得力を高めることが必要ですが、それだけ ではなく、会議でもリーダーシップを発揮することが大切です。会議運営は 管理者の重要な役割であるという認識を持ちましょう。

47.プレイングマネージャーの責任を果たしましょう

管理者に専念する前に、プレイングマネージャーの立場に立つことがあり ます。実は、プレイングマネージャーは専任管理者よりも難しい立場です。 時間管理を徹底することが、仕事を上手く進める秘訣です。

48.部門をまとめる部長の役割を果たしましょう

組織全体の規模にもよりますが、部長になったら課長を通じて、その下 の部下をまとめていく役割を担います。命令一元化の法則を守るために、 課長育成をすることにより、指示は課長を通じて出すようにします。

49.取締役を目指すためには自覚を持ちましょう

取締役は株主に選任される役職であり、部長の延長上にあるのではありま せん。取締役を目指すのであれば、会計、法律など、会社全体の経営に関 われるだけの知識と判断力を身に付ける必要があります。

50.管理者は常に自己啓発に努めましょう

管理者にゴールはありません。例え社長にまで登り詰めても、時代は変化 しますから、常に新しい情報を吸収して、自己啓発に努める必要があり ます。上位に行くほど、意思決定の速さが求められるようになります。

※管理者研修のカリキュラムはここをクリックして下さい

※社員研修の講師派遣について、お気軽にお問合わせください。


←管理者研修で学ぶ部下育成のポイント9へ

管理者研修で学ぶ部下育成のポイントへ→


管理者研修で学ぶ部下育成のポイント10へ戻る▲