管理者研修で学ぶ部下育成のポイント8

社員研修HOME  >  

管理者研修で学ぶ部下育成のポイント  >  

管理者研修で学ぶ部下育成のポイント8

管理者研修で学ぶ部下育成のポイント

管理者研修で学ぶ部下育成のポイント8

管理者は部下の評価をマイナス採点ではなく、プラス採点にする必要があ ります。常に、部下に対して新たな課題に挑戦する機会を与え、前向きの ミスはカバーしてあげるようにすることが大切です。管理者研修では、部 下をプラス採点する方法について教えます。 管理者研修で学んでいただ く部下育成の50ポイント(その8)36〜40についてご説明します。

36.大きなミスをしてしまった部下に対応します

優秀な部下でも、状況によっては、大きなミスをしてしまうことがあるはず です。このような部下には原因を分析した後に、前向きなミスならば、減 点評価をしないことを説明する必要があります。

37.一匹狼的な部下に対応します

自分のノルマさえ達成していれば、少しぐらいルールを無視しても構わない と考えている部下がいる場合があります。このような一匹狼的な部下を放置 してはいけません。チームワークの重要性を納得させます。

38.難しい仕事を嫌がる社員に対応します

現状の仕事はそつなくこなしていますが、難しい仕事を与えようとすると 嫌がる社員がいる場合があります。このような社員に対しては、難しい 仕事に挑戦して、やり遂げた時の喜びを教えてあげる必要があります。

39.同僚と上手くやれない部下に対応します

仕事上は特に問題はないのですが、同僚との人間関係に悩んでいる様 子の部下がいる場合があります。このような問題を発見したら、個人的 な相談にのると共に、職場改善に積極的に取り組むことが必要です。

40.突然辞めたいと言い出した部下に対応します

仕事を突然辞めたいと言い出した部下に対しては、まず本音の理由を聞 き出すことが大切です。現状から逃げたいだけなら、引き留めます。新 たな構想を持っているのなら、本人に最もよい道を選ばせます。

※管理者研修のカリキュラムはここをクリックして下さい

※社員研修の講師派遣について、お気軽にお問合わせください。


←管理者研修で学ぶ部下育成のポイント7へ

管理者研修で学ぶ部下育成のポイント9へ→


管理者研修で学ぶ部下育成のポイント8へ戻る▲