管理者研修で学ぶ部下育成のポイント6

社員研修HOME  >  

管理者研修で学ぶ部下育成のポイント  >  

管理者研修で学ぶ部下育成のポイント6

管理者研修で学ぶ部下育成のポイント

管理者研修で学ぶ部下育成のポイント6

管理者は部下から募ったアイデアが優れたものであれば、アイデアを評 価して、部下の考えを取り入れて仕事を進めます。部下に自信を持たせ ることが、部下育成の重要な要素だからです。管理者研修では、部下の アイデアを引き出す方法を教えます。 管理者研修で学んでいただく部下
育成の50ポイント(その6)26〜30についてご説明します。

26.部下のアイデアを評価してあげましょう

部下のアイデアは、玉石混交だと思います。しかし、例え取るに足りない 考えであったとしても、尊重して聞いてあげることが大切です。決して頭 ごなしに否定するようなことがあってはなりません。

27.部下に権限委譲することが大切です

部下にいったん仕事を任せたら、最後まで責任を持ってやり遂げられるよ うに見守りましょう。大きく外れた場合は修正しますが、基本的には細かい ことまで口を出さないようにします。権限委譲することが必要です。

28.部下育成の決め手は自信を持たせることです

部下が能力を伸ばすための決め手は、自信を持たせることです。部下育成の 目的は、自信を持たせることであると言っても過言ではないでしょう。自信 を持たせるためには、成功体験を積み重ねさせることです。

29.やる気を持続させるには理念が必要です

人は一時的にやる気を出すことは簡単ですが、それを持続させることは、 とても難しいことです。やる気を持続するためには、自分の仕事が社会の ために役立っているという理念を持つことが必要です。

30.小さな仕事でも一生懸命に取り組ませます

高学歴な新入社員がやる気を失う原因の1つに、雑用を押し付けられた からということがあります。日本では、誰でも雑用から始めさせるのが 習慣だからです。良否は別にして、雑用の必要性を納得させましょう。

※管理者研修のカリキュラムはここをクリックして下さい

※社員研修の講師派遣について、お気軽にお問合わせください。


←管理者研修で学ぶ部下育成のポイント5へ

管理者研修で学ぶ部下育成のポイント7へ→


管理者研修で学ぶ部下育成のポイント6へ戻る▲