管理者研修で学ぶ部下育成のポイント5

社員研修HOME  >  

管理者研修で学ぶ部下育成のポイント  >  

管理者研修で学ぶ部下育成のポイント5

管理者研修で学ぶ部下育成のポイント

管理者研修で学ぶ部下育成のポイント5

管理者は部下に対し期待していることを言葉で伝える必要があります。そ して、適材適所で、常に挑戦すべき仕事を与えます。指示は明確に伝え て、実行後は必ず報告をさせるようにしましょう。管理者研修では、部下の 挑戦意識を高めさせる方法を教えます。 管理者研修で学んでいただく部 下育成の50ポイント(その5)21〜25についてご説明します。

21.部下には常に挑戦すべき高い目標を与えます

人間は実力よりも高いレベルの仕事にチャレンジすることで能力アップ を図ることができます。ジャック・ウェルチはこれをストレッチと呼びまし た。管理者は部下に、常に高い目標を与え続けることが重要です。

22.仕事を楽しくする工夫をしましょう

有能な人ほど、仕事に対して前向きでゆとりを持っているものです。言い 換えれば、仕事を楽しんでいるのです。管理者は部下に対しても、ゲーム性 を取り入れたりして、仕事を楽しくさせる工夫をしてみましょう。

23.部下に対する指示は具体的に述べましょう

上司の出した指示と、部下が指示されたと思うことの間にギャップが生じ るケースは多いのです。指示が明確に伝わらなければ、仕事の成果が ぶれることは当然です。指示は具体的かつ明確に述べましょう。

24.指示を出したら必ず報告させましょう

管理者が部下を通じて業績を上げるためには、指示と報告を必ずセット にすることが大切です。指示をして報告を受ける、その報告を分析し て、また新たな指示を出す。このサイクルで仕事を進めるのです。

25.部下にアイデアを出すことを求めましょう

管理者が有能であるほど、部下が指示待ち族にならないように注意すべ きです。管理者に言われたことをやっていれば十分だという気持ちにな るからです。それを防ぐには、部下にアイデアを出させることです。

※管理者研修のカリキュラムはここをクリックして下さい

※社員研修の講師派遣について、お気軽にお問合わせください。


←管理者研修で学ぶ部下育成のポイント4へ

管理者研修で学ぶ部下育成のポイント6へ→


管理者研修で学ぶ部下育成のポイント5へ戻る▲