管理者研修で学ぶ部下育成のポイント4

社員研修HOME  >  

管理者研修で学ぶ部下育成のポイント  >  

管理者研修で学ぶ部下育成のポイント4

管理者研修で学ぶ部下育成のポイント

管理者研修で学ぶ部下育成のポイント4

管理者はプラス志向を持ち、明るく振る舞うことが必要です。部下の個性 を伸ばし、職場環境を向上させて、チーム全員が、よい環境で前向きに働 けるような雰囲気にしなければなりません。管理者研修では、プラス志向 になるための具体的な方法を教えます。 管理者研修で学んでいただく部 下育成の50ポイント(その4)16〜20についてご説明します。

16.管理者は常にプラス志向で仕事をしましょう

難しい仕事に直面したときに、できると考えて取り組むか、できないと考 えて取り組むかで、結果は大きく変わります。特に、管理者ができない と考えていることが分かると、部下は真剣に取り組む意欲を失います。

17.部下の個性を伸ばすことが求められています

人間は機械ではありませんから、1つの型に当てはめてしまっては、本 来の能力を発揮できなくなります。管理者はできる限り部下の個性を尊重して 育成することが大切です。能力は一人ひとり違ってよいのです。

18.会議では全体の方向性を検討するようにします

会議で個人の業績を追求している管理者がいますが、これは間違いで す。会議では、全体の方向性を検討することが大切です。個人ノルマの 追求は1人ひとりの社員と膝を交えて、個別で詰めればよいのです。

19.職場環境の向上は業績につながります

管理者は、職場環境の向上に努める必要があります。部下の机の上な どが整理されているかどうかチェックをします。一事が万事という言葉が ありますが、業績が高くてもだらしない部下がいたら注意しましょう。

20.部下の性格に応じた接し方をしましょう

部下の性格は1人ひとり異なるのが当たり前です。したがって、管理者 は部下育成に当たって、それぞれの個性に応じた接し方をします。強く言っ たほうがよいか、ソフトに言ったほうがよいかなどをよく考えます。

※管理者研修のカリキュラムはここをクリックして下さい

※社員研修の講師派遣について、お気軽にお問合わせください。


←管理者研修で学ぶ部下育成のポイント3へ

管理者研修で学ぶ部下育成のポイント5へ→


管理者研修で学ぶ部下育成のポイント4へ戻る▲