管理者研修で学ぶ部下育成のポイント2

社員研修HOME  >  

管理者研修で学ぶ部下育成のポイント  >  

管理者研修で学ぶ部下育成のポイント2

管理者研修で学ぶ部下育成のポイント

管理者研修で学ぶ部下育成のポイント2

管理者は部下の心を読み取るように務めることが大切です。そして、すべ ての部下に対して公平に接して、よくできた時は誉め、だめな時は叱りま す。部下とは心を開いて接することが大切です。管理者研修では、誉め方 と叱り方の具体的な方法を指導します。 管理者研修で学んでいただく部 下育成の50ポイント(その2)6〜10についてご説明します。

6.部下の心を読み取るようにしましょう

管理者が部下とコミュニケーションを取るときに、適切な質問をして言葉 でやり取りをすることは基本です。しかし、必ずしも言葉だけで正確な気 持ちを読み取ることはできません。部下の心を読み取りましょう。

7.管理者は部下に常に公平に接することが大切です

部下は同僚と競争をしています。そのために、部下は上司が自分と同僚 を公平に扱っていないのではないかと心配をするのが常です。管理者 は、公私共に、特定の部下を贔屓していると思われないようにします。

8.リーダーシップの基本はビジョンを語ることです

信頼できる上司とは、明るい未来を描いてみせてくれる人です。部下は、 この上司に従っていき、全力を尽くしたら、将来はどうなるのだろうかと 常に考えています。やる気を出させるためにはビジョンを語ることです。

9.部下を育てる最大の秘訣は率直に誉めることです

部下を誉めることの重要性は、どんなに強調しても、強調し過ぎるという ことはありません。人を育てるということは、良い所を探して、誉めて自信 を持たせるということです。管理者は積極的に部下を誉めましょう。

10.叱った後は元気づけることを忘れないようにします

部下育成は誉めて育てることが原則ですが、もちろん叱らなければなら ない場面もあります。このようなときは、なぜ叱るのか、事実をあげて、 理由を正確に伝えます。そして、叱った後は元気づけることを忘れずに。

※管理者研修のカリキュラムはここをクリックして下さい

※社員研修の講師派遣について、お気軽にお問合わせください。


←管理者研修で学ぶ部下育成のポイント1へ

管理者研修で学ぶ部下育成のポイント3へ→


管理者研修で学ぶ部下育成のポイント2へ戻る▲