新入社員研修8

社員研修HOME  >  

新入社員研修の内容  >  

新入社員研修8

新入社員研修の内容

新入社員研修8

社会人になると、職場にいる時間のほうが家族と過ごす時間よりも長くなる のが普通です。上司や同僚とコミュニケーションを取り、できるだけ良好な 人間関係を築くように心掛けましょう。新入社員研修で学んでいただく50 ポイント(その8)36〜40についてご説明します。

36.上司に接するときの心得を教えます

上司と部下といっても、所詮は人間と人間ですから、好き嫌いの感情が あると思います。好きな場合はよいのですが、嫌いだからといって仕事 に影響が出ては困ります。尊敬できる点を探して、接するようにします。

37.先輩と接するときの心得を教えます

先輩は上司よりも、若干身近な存在です。したがって、分からないことや 困ったことがあったら、気軽に相談してみましょう。先輩からは、率直な 注意を受ける場合もありますが、素直に受け止めることが必要です。

38.同期と接するときの心得を教えます

同期入社の絆は、いつまでも続くものです。したがって、同期の仲間は 特に大切にします。配属された部署が違っても、定期的に集まって、情報 交換をすることにより、会社内の全体の情報を得ることができます。

39.異性と接するときの心得を教えます

同性か異性かは、本来は仕事に関係ありません。しかし、相手が異性 だからこそ、何げなく発した言葉や態度が、セクハラと受け止められる 可能性もあります。異性とは距離を保って、礼儀正しく接しましょう。

40.派閥との付き合い方を教えます

会社によっては、学校や出身地などによって派閥が存在する場合があ ります。誘われたからといって安易に属することなく、自らの考えで付き 合い方を考える必要があります。派閥に振り回されてはいけません。

※新入社員研修のカリキュラムはここをクリックして下さい

※社員研修の講師派遣について、お気軽にお問合わせください。


←新入社員研修7へ

新入社員研修9へ→


新入社員研修8へ戻る▲