新入社員研修7

社員研修HOME  >  

新入社員研修の内容  >  

新入社員研修7

新入社員研修の内容

新入社員研修7

どんなに仕事ができる社員であっても、態度やマナーが悪いと、同僚や顧 客から嫌われて、仲間はずれにされてしまいます。新入社員の頃から正 しいエチケットを身につけて、好感度を高めるようにしましょう。新入社員研 修で学んでいただく50ポイント(その7)31〜35についてご説明します。

31.言葉づかいのエチケットを教えます

社会には言葉づかいのルールがあります。例えば、課長や部長などの役職 名には、「さん」を付けない、得意先に対しては、自分の上司でも呼び捨て で呼ぶなどです。正しい敬語を使えるようにすることも大切です。

32.身だしなみのエチケットを教えます

頭の先からつま先まで、身体のすべてに清潔感を感じさせるように手入れ をしましょう。特に、フケ、鼻毛、目やになどは厳禁です。また、服装も 会社のルールや社風に合ったものを身につけるようにしましょう。

33.名刺のエチケットを教えます

名刺は人の分身であるという意識を持ちます。例えば、自分の名刺を 踏みつけられたら、どんな気持ちになるでしょうか。自分の名刺も相手の 名刺も大切に扱いましょう。受け渡しの練習をしておくことが大切です。

34.訪問時のエチケットを教えます

新入社員といえども、他社を訪問するときは、会社を代表していると いう気持ちで接することが大切です。約束時間は必ず守る。受付では きちんと頭を下げて、はきはきと社名と名前を名乗りましょう。

35.応対のエチケットを教えます

会社に来客があった場合には、全員で歓迎する気持ちを伝えることが 大切です。廊下などですれ違ったときには、きちんと頭を下げて挨拶を します。困っている様子を見かけたら、積極的に声をかけます。

※新入社員研修のカリキュラムはここをクリックして下さい

※社員研修の講師派遣について、お気軽にお問合わせください。


←新入社員研修6へ

新入社員研修8へ→


新入社員研修7へ戻る▲