新入社員研修6

社員研修HOME  >  

新入社員研修の内容  >  

新入社員研修6

新入社員研修の内容

新入社員研修6

会社の仕事というのは、改善に次ぐ改善であることを教えます。そして、仕 事の改善に当たっては、情報が何よりも重要であるという意識を持たせま す。情報収集、保管、分析がきちんとできるように指導します。新入社員研 修で学んでいただく50ポイント(その6)26〜30についてご説明します。

26.目標管理をするように教えます

新入社員の頃から志を高く持ち、自らの目標を高く掲げている人は、成長 の速度が速く、いずれ大成することは間違いありません。大きな目標を立て、 それを中間目標に細分化して、目標管理をするようにします。

27.時間管理をするように教えます

仕事には常に時間という軸がついて回ります。どんなに優れた出来栄えで あったとしても、期限を過ぎてしまったら、意味をなさないということが たくさんあります。締め切りを守る、時間管理が重要です。

28.品質管理管理をするように教えます

仕事には品質があります。形上はやり遂げてあっても、ミスが多く手直し をしなければ使えないようでは、仕事をしたということはできません。 あなたに頼めばミスがなく安心だと言われるように頑張りましょう。

29.コスト管理をするように教えます

会社は利益を目指す集団です。したがって、どんなに売上をあげても、 コストがオーバーして、利益が残らなければ、何の意味もありません。 仕事をする場合には、常にコストを抑えるという意識を持ちましょう。

30.安全管理をするように教えます

仕事は安全に進めることが大切です。実に当たり前のことですが、工場 などでは、少し慣れてきた頃に事故を起こすことが多いものです。決め られたルールを守り、手抜きをしない姿勢が安全につながるのです。

※新入社員研修のカリキュラムはここをクリックして下さい

※社員研修の講師派遣について、お気軽にお問合わせください。


←新入社員研修5へ

新入社員研修7へ→


新入社員研修6へ戻る▲