応募者の協調性を判断する質問

社員研修HOME  >  

社員研修に繋がる採用面接  >  

応募者の協調性を判断する質問

社員研修に繋がる採用面接

応募者の協調性を判断する質問

応募者の協調性を判断する質問についてご説明します。会社組織の中で 能力を発揮するためには、協調性があることが不可欠です。協調性を高 めることは、社員研修の重要なテーマでもありますから、面接の時点で も、応募者の協調性を見極めることが大切です。

1.性格についての質問をします

例:「あなたは自分の性格をどんなタイプだと思いますか」

2.長所と短所について質問します

例:「自分の長所と短所を挙げてみて下さい」

3.友人の数について質問します

例:「本当に悩みを打ち明けられる友人は何人くらいいますか」

4.友人からどのように見られているか質問します

例:「あなたのことを友人はどのように見ていると思いますか」

5.好きなタイプの人について質問します

例:「あなたはどんなタイプの人が好きですか」

6.嫌いなタイプの人について質問します

例:「あなたはどんなタイプの人が嫌いですか」

7.自己主張について質問します

例:「あなたは他人と意見が違ったら、強く自分を主張しますか」

8.チームワークについて質問します

例:「あなの考えるチームワークについて説明して下さい」

9.リーダーシップについて質問します

例:「あなたの考えるリーダーシップについて説明して下さい」

10.協力してやり遂げた経験について質問します

例:「過去に他人と一緒に何かをやり遂げた経験があればお話し下さい」

※採用面接研修カリキュラムは、ここをクリックしてご覧下さい

※社員研修の講師派遣について、お気軽にお問合わせください。


←応募者の健康度を判断する質問へ

応募者のマイナス志向を見抜くポイントへ→


応募者の協調性を判断する質問のトップへ戻る▲