応募者の表現から能力を判断する質問

社員研修HOME  >  

社員研修に繋がる採用面接  >  

応募者の表現から能力を判断する質問

社員研修に繋がる採用面接

応募者の表現から能力を判断する質問

応募者の表現から能力を判断する質問についてご説明します。短時間で 相手の能力がどの程度か判断する能力は、極めて重要です。できるだけ 能力の高い社員を採用することは、社員研修の成果を高めて、優秀な社 員を育成することに直結するからです。

1.自己紹介をさせるような質問をします

例:「簡潔な言葉で自己紹介していただけますか」

2.自己PRをさせるような質問をします

例:「3分間で自己PRをしてみてくれますか」

3.特技を披露してもらうような質問をします

例:「もし特技がありましたら、やってみていただけますか」

4.特定の商品を売り込んでもらうような質問をします

例:「この商品を売り込んでみてもらえますか」

5.好きな人のモノマネをしてもらうような質問をします

例:「好きなタレントのモノマネをしてもらえますか」

6.セリフを語ってもらうような質問をします

例:「ここにあるセリフを役に成りきって演じてもらえますか」

7.怒ったときの様子を再現してもらうような質問をします

例:「今までに怒ったときの子を表現してもらえますか」

8.誉めるときの様子を再現してもらうような質問をします

例:「○○の想定で部下を誉めてみてくれますか」

9.叱るときの様子を再現してもらうような質問をします

例:「○○の想定で部下を叱ってみてくれますか」

10.グループ討議をしてもらうような質問をします

例:「グループでこのテーマを討議してもらえますか」

※採用面接研修カリキュラムは、ここをクリックしてご覧下さい

※社員研修の講師派遣について、お気軽にお問合わせください。


←応募動機から意欲を判断する質問へ

応募者の健康度を判断する質問へ→


応募者の表現から能力を判断する質問のトップへ戻る▲