採用面接者に禁止されている発言

社員研修HOME  >  

社員研修に繋がる採用面接  >  

採用面接者に禁止されている発言

社員研修に繋がる採用面接

採用面接者に禁止されている発言

採用面接者に禁止されている発言についてご説明します。コンプライアン スの観点からも、必ず守ることが大切です。社員研修を兼務している担当 者であれば、常に注意していることだと思います。

1.採用について男女差別と見なされる発言はしないこと

例:「今回の採用では男性のみで、女性は募集しておりません」

2.職種について男女差別とみなされる発言はしないこと

例:「女性は一般職しか選択できないのですが・・・」

3.昇級について男女差別とみなされる発言はしないこと

例:「女性は管理職になることはできないのですが・・・」

4.研修について男女差別とみなされる発言はしなこと

例:「女性は管理職養成コースを受講することはできません」

5.本籍地について差別につながる発言はしないこと

例:「あなたのご両親の出身地はどこですか」

6.資産について差別につながる発言はしない

例:「あなたの家の財産はどれくらいありますか」

7.両親の職業について差別につながる発言はしない

例:「あなたの父親の職業は何ですか」

8.両親の学歴について差別につながる発言はしない

例:「あなたの両親の学歴について教えて下さい」

9.政治活動について差別につながる発言はしない

例:「○○政党についてどのように思いますか」

10.宗教や信条について差別につながる発言はしない

例:「あなの親族に○○教に入信している人はいますか」

※採用面接研修カリキュラムは、ここをクリックしてご覧下さい

※社員研修の講師派遣について、お気軽にお問合わせください。


←採用面接時に注意すべき点へ

応募動機から意欲を判断する質問へ→


採用面接者に禁止されている発言のトップへ戻る▲