採用面接者の態度と気配り

社員研修HOME  >  

社員研修に繋がる採用面接  >  

採用面接者の態度と気配り

社員研修に繋がる採用面

採用面接者の態度と気配り

採用面接者の態度と気配り方法についてご説明します。採用担当面接者 として、態度と気配りに気を付けることは、社員研修を担当するときにも役 立ちます。対象者とのコミュニケーションが大切だからです。

1.応募者の緊張を和らげる会話の工夫をします

例:「会社までの道順はすぐにわかりましたか」

2.応募者に親しみを感じさせる言葉づかいをします

例:「笑顔が素敵ですね」

3.応募者が話しやすいムードを作ります

例:「どんな色の服が好きですか」

4.応募者にお茶やお菓子をすすめます

例:「お茶をどうぞ。リラックスしてお話下さい」

5.応募者に対して謙虚さへの配慮を忘れないようにします

例:「これから○○についてお尋ねします。」

6.応募者が得意なことから話させるようにします

例:「クラブ活動で野球をやっていたのですね」

7.応募者に対して威圧的な態度を取らないようにします

例:「そんなことも知らないのですか、ダメだなあ」

8.応募者に対する質問は簡潔な言葉でするようにします

例:「希望の職種はありますか?」

9.応募者の答えに暖かい態度で応じます

例:「それはよい考え方ですね。実に興味深いです」

10.応募者の話を熱心に聞いていることを示します

例:「なるほど、よく勉強していますね」

※採用面接研修カリキュラムは、ここをクリックしてご覧下さい

※社員研修の講師派遣について、お気軽にお問合わせください。


←採用面接者に必要な能力へ

採用面接時に注意すべき点へ→


採用面接者の態度と気配りのトップへ戻る▲