社員研修事務局のフォロー活動

社員研修HOME  >  

社員研修の手引き  >  

社員研修事務局のフォロー活動

社員研修の手引き

社員研修事務局のフォロー活動

社員研修事務局のフォロー活動についてご説明します。

アンケート調査の実施

社員研修の終了後に、社員研修の事務局担当者がやるべき仕事は、受講者 に対するアンケート調査です。アンケート調査の最大の目的は、研修成果を 見極めることです。そのためのポイントは、社員研修の内容を自分の仕事に どのように生かしていくかを聞くことです。この点に関しては、できるだけ 具体的に書かせるようにします。目的の2つ目は、社員研修そのものに対する 感想です。会場、講師、テキスト、食事など全般に対しての感想を聞きます。 ここで注意すべき点は、あら探しをするのではなく、改善案を提案させること です。「○○が悪かったではなく、○○をこう改善するとさらによくなる」と いう書き方をするように、強く念を押しておくことが大切です。

社員研修の評価

社員研修の受講者からアンケート調査を集めたら、集計して分析します。 この場合、何事に対しても斜めに構えて、批判のための批判をする人物の 意見は除外して考えることが必要です。多くの受講者が、改善を要すると 回答した内容に対しては、改善策を作成して、次回の社員研修から反映さ せるようにします。毎回、改善策を積み重ねて行き、よりよい社員研修に していく努力が大切です。

アンケート調査の回答のフォロー

社員研修事務局のフォロー活動で最も重要なものは、アンケート調査に 各受講者が書いた「社員研修の内容を自分の仕事にどのように生かして いくか」という実行課題をフォローすることです。継続研修であれば、 次回の研修に発表できるように、中間でチェックを入れるようにします。 1回限りの社員研修であれば、1ヵ月後くらいに、実行結果のレポートを 提出させるようにします。社員研修は研修を受講することが目的ではなく 研修内容を生かして、仕事を改善・改革することが目的だからです。

※社員研修プログラムは、ここをクリックしてご覧下さい

社員研修の講師派遣について、お気軽にお問合わせください。


←社員研修事務局の当日運営へ

社員研修担当者の役割へ→


社員研修事務局のフォロー活動のトップへ戻る▲