労使関係と社員研修

社員研修HOME  >  

人事労務管理と社員研修  >  

労使関係と社員研修

人事労務管理と社員研修

労使関係と社員研修

労使関係と社員研修の関係についてご説明します。

労使関係の制度

労使関係で大きなウエイトを持つのが労働組合の制度です。労働組合とは、 労働者が自らの待遇改善などを目的として、自主的に組織した民主的な 団体です。労働組合には、同一産業に属する労働者を横断的に組織した 産業別労働組合、同一職種の労働者を横断的に組織した職種別労働組合、 企業単位に組織した企業別労働組合などの種類があります。日本では、 企業別労働組合が大半を占めています。

労使関係における人事労務管理担当者の役割

労使関係における人事労務管理担当者の役割の中心となるのが、団体交渉です。 団体交渉が保障されているのは、日本の労働制度の大きな特徴となっています。 労働組合法、労働関係調整法、労働基準法が労働三法です。そして、団体交渉権、 団結権、争議権は、一般に労働三権と呼ばれています。社員研修により、これらの 労使関係に関する法律知識をしっかりと学ぶことが大切です。

※人事労務管理研修プログラムは、ここをクリックしてご覧下さい

社員研修の講師派遣について、お気軽にお問合わせください。


←福利厚生と社員研修へ

人事労務管理と社員研修へ→


労使関係と社員研修のトップへ戻る▲