非正規従業員と社員研修

社員研修HOME  >  

人事労務管理と社員研修  >  

非正規従業員と社員研修

人事労務管理と社員研修

非正規従業員と社員研修

非正規従業員と社員研修の関係についてご説明します。

非正規従業員とは何か

正規従業員は、雇用期間の定めのない労働者であり、長期間の雇用を 前提としています。それに対して、非正規従業員は、雇用期間に定めの ある労働者です。すなわち、有期契約の労働者のことを意味します。 ただし、実際には有期契約の労働者であっても、契約更新を繰り返して おり、実態は常用雇用化している従業員も多く存在しています。常用 雇用化している労働者は、解雇などに関する判例を見ても、正規従業員 と同じ扱いを受けています。

人事労務管理担当者は業務分析を綿密にする

企業は正規従業員、非正規従業員、派遣社員、アウトソーシングなどを 組み合わせて業務を遂行しています。それゆえ、人事労務管理担当者は、 社内の業務を十分に分析して、どの業務をどのような雇用形態の労働者に 担当させればよいのかを決めなければなりません。例えば、アウトソーシング に適した業務は、企業のコア業務ではない、社内にノウハウ蓄積の必要がない、 企業情報の外部流出の問題がない、他の業務から分離できる、ノウハウを 持った委託先が存在する、仕事の成果が測定できる、社内で実施するより コストが低いなどの条件を満たした場合です。

パート・アルバイトに関する法律

パート・アルバイトは、法律上の正式な用語では、短時間労働者と呼ばれます。 短時間労働者でも、労働者である限り、労働基準法、最低賃金法、男女 雇用機会均等法などの労働法が適用されます。したがって、パート・ アルバイトを使用する立場の管理者は、社員研修によって、関連する 法律を学ばなければなりません。また、単に法律面だけではなく、実態と しての正規社員との待遇格差も問題となっていますので、それに対する 解決策も示す必要があります。

※人事労務管理研修プログラムは、ここをクリックしてご覧下さい

社員研修の講師派遣について、お気軽にお問合わせください。


←能力開発と社員研修へ

福利厚生と社員研修へ→


非正規従業員と社員研修のトップへ戻る▲