能力開発と社員研修

社員研修HOME  >  

人事労務管理と社員研修  >  

能力開発と社員研修

人事労務管理と社員研修

能力開発と社員研修

能力開発と社員研修の関係についてご説明します。

能力開発の必要性

生涯学習という言葉があるように、人間は生まれてから死ぬまで学習を 継続しなければなりません。企業においても、新入社員で採用した時から 退職まで、従業員の能力開発を図ることは、企業に与えられた使命です。 もちろん、社員研修によって、従業員の潜在能力を顕在化させることに より、従業員のレベルアップを実現することは、企業の業績を高める ことにつながります。

能力開発に対する人事労務管理担当者の役割

従業員の能力開発を新入社員から退職まで実施するためには、従業員の ライフサイクルに応じた、総合的な社員研修プログラムを作成することが 必要です。社員研修には、階層別研修、部門別研修、テーマ別研修などの 切り口がありますが、それらを組み合わせて、自社の価値観、組織、業務 内容に応じたプログラムを作成します。経営戦略を踏まえて、人材育成 プログラムを作成することは、人事労務管理担当者の大きな役割です。 社員研修サポートでは、総合的な社員研修プログラムを作成するお手伝い をさせていただいております。

→主な社員研修テーマに関しては、こちらをクリックしてご覧下さい。

OJTとOffJTの組み合わせ

従業員の能力開発を図る方法には、OJTとOffJTの2つの方法が あります。OJTは on the job training の略であり、現場で上司や 先輩に実務を通じて習う方法です。OffJTは、off the job training の略で、職場を離れて集合研修により習う方法です。仕事の節目ごとに OffJTすなわち社員研修を実施して、そこで学習した内容や、そこで 得た刺激を、OJTでフォローするという組み合わせにより、能力開発を 進めることが望ましいと考えます。

※人事労務管理研修プログラムは、ここをクリックしてご覧下さい

社員研修の講師派遣について、お気軽にお問合わせください。


←労働時間管理と社員研修へ

非正規従業員と社員研修へ→


能力開発と社員研修のトップへ戻る▲